前へ
次へ

保育士の資格は独学でも取得できる?

保育士は女性に人気の職業の一つであり、毎年7万人以上の方が受験されています。
しかし国家資格ということもあってか、保育士試験の合格率は20%前後、およそ10人に2人しか合格できないという難易度の高い資格でもあります。
ちなみに保育士試験の概要を説明しますと、試験は毎年4月(前期)と10月(後期)の年2回実施されます。
まず筆記試験9科目が行われ、全てに合格すれば実技試験に進みます。
実技試験では音楽・造形・言語に関する技術が問われ、3科目のうち2科目を選択します。
そして筆記試験・実技試験ともに合格ラインに達してようやく取得できるため保育士の資格は並大抵の努力では厳しい資格と言えるでしょう。
しかし、最近では学校に通わずとも市販の教材や通信教育が充実している他、YouTubeなどの動画から勉強方法を教えているケースもあるので、それらを上手に活用すれば独学での取得も難しくはないでしょう。
人にもよりますが勉強の期間は大体1ヶ月~6ヶ月程度のため、短期集中で真剣に取り組めば合格の道もそう遠くはないと思います。

Page Top