前へ
次へ

資格で見る保育士と幼稚園教諭の違いについて

子ども(未就学児)に携わる仕事というと、保育士と幼稚園教諭が思い浮かびます。
どちらも子どもの成長に関わる仕事であり、保護者や子ども達から「先生」と呼ばれる職業です。
では、保育士と幼稚園教諭には一体どのような違いがあるのでしょうか?
まず保育園でも幼稚園でも、職に就くには必ず資格が必要になります。
保育園で働く場合は保育士資格(国家資格)が、幼稚園で働く場合は幼稚園教諭免許(国家資格)が必須です。
ではその資格取得の方法についてですが、保育士の場合ですと厚生労働大臣指定の保育士養成施設(4年制大学、短大、専門学校など)を卒業することで保育士の資格を取得できます。
また、年に2回実施されている保育士試験に合格することでも取得が可能です。
一方、幼稚園教諭の場合は[1種・2種・専修]と3つの種類があり、2種免許状は短大や専門学校、通信教育でも取得可能ですが、1種免許状は4年制大学にて幼稚園教諭養成過程の修了及び卒業、専修免許状は4年制大学卒業及び大学院にて修士課程を修了することが必要になります。
なお、幼稚園教諭免許を所持していて保育士の資格取得も目指す場合は、一部の筆記試験及び実技試験が免除されます。

Page Top